これからは私設年金

私設年金の重要性について

私設年金を準備しましょう

公的年金は、例えば会社員なら老齢基礎年金と厚生年金があるわけですが、そういった公的な年金だけでは豊かな老後を過ごすことはできません。私設年金はそれとは別に自分で、自分のために貯めていく年金です。貯金のようなものですが、60歳、あるいは65歳から決まった年数あるいは終生、受給が受けられるようにじぶんで準備していくものです。早くから準備すれば負担も少なく貯められますので早目から計画することが大切です。

↑PAGE TOP