金融業界のメリット

金融機関に応募する事について

金融業界のインターンに応募する

金融業界のインターンに応募するメリットは、実際にどんな仕事をしているのかを体感することができる事にあります。本の知識では得られない実務の状況を把握することができるため、将来のイメージをリアルに実感することができます。それによって自分いあっている業界だと感じれば、それに向かって頑張っていくことができます。逆に自分には適していないと判断することができても、実際に金融業界の仕事を知ることができたことは、将来の糧にすることができます。企業によっては、インターンに参加したことを評価することもありますので、就職ではプラスに働きます。

金融のインターンは競争率が高い

金融のインターンは競争率が高いため、参加したことがのちの就職活動で評価されることが多いです。実際に仕事を体験することができるというメリットに加えて、のちの就職が有利になるということで、二重の利益を享受できます。ただし、競争率が高いため、応募した人がだれでも参加できるわけではありません。また、就職のときと同じように面接などがなされて選考されるため、しっかりとアピールをすることができなければ選考に漏れてしまいます。ただ、仮に金融のインターンの選考に落ちてしまったとしても、そのためにした努力は無駄にはなりません。

↑PAGE TOP